お気に入りのスイーツやパンのお店を紹介します。
どれもリピートしているものばかり。

サイト開設時より公開していた「合理的ものぐさレシピ」は、一時お休みします。
いずれ、ちゃんとした(?)ものぐさレシピ集を再公開予定。


リピート必至のスイーツたち
リピート必至のパンたち

ついつい気になるお菓子たち


このページのトップへ ←クリックするとこのページの一番上へ。

Mathez社/トリュフドールチョコレート
トリュフドールチョコレート フランスのMathez(マテ・マセズ)のトリュフチョコレート。
これよりおいしいトリュフチョコを食べたことがありません!
家にこれがあると、帰宅するのが楽しみになるほど。

苦めのココア粉末がたっぷりとまぶしてあり
舌の上にのせるとあっというまに溶けて、チョコレートの風味がとても濃厚。
コーヒーにもよく合います。

さまざまなフレーバーがあり、
ヘーゼルナッツ入りの「トリュフドール・ノイゼ」や、
シャンパン入りのさわやかな風味の「トリュフドール・シャンパーニュ」もあります。
注文したものが届くと、サンプルとしてそれらがついてくるのも心にくいです。



成城石井で販売されていたトリュフ※2009年、スーパーマーケットの成城石井でMathezの「Fancy Truffles」が上記商品よりも安価で販売されていました(左画像)。
…が、舌触りや風味は上記で紹介している商品と比較して
かなり劣っていたので残念。

輸入元のHPはこちら↓
ケイアンドヨシックス株式会社  http://www.k-yoshics.co.jp/
輸入時期は12月頃ですが、予約は6〜7月ごろから始まります。
購入は通販限定。売り切れ注意!



製造元のHP(フランス語・英語)はこちら↓
マテ http://www.mathez.fr/


R.L/ワッフル
エールエルのワッフル 名前は「エール・エル」と読みます。
お菓子屋さんには珍しい、赤と黒のシックなデザインの店構え。
なのに、ショーケース内のワッフルを覗くと、なんてカラフル。

社長さんは元建築家で、
「R.L」の店名も、憧れの工芸家のイニシャルなのだとか。
店舗にも商品にも、こだわりが溢れています。

ふわふわワッフルでクリームをはさんだサンドイッチなのですが、
はさんであるクリームの種類がとても多く、センスもよい。
定番の抹茶や紅茶やチーズやあずきなどのほかに、
季節限定で桜などがあったような気がします。

黒い箱の中に、カラフルなワッフルが詰められて見た目が美しいです。
個包装に貼られたシールも、フレーバーの色とリンクして、とてもかわいい。



HPはこちら↓
エール・エル http://www.rl-waffle.co.jp/


関西を中心に多くの店舗があります。
一時期、関東からは姿を消していましたが、
百貨店を中心に復活してきました!


まるたや/あげ潮
まるたやのあげ潮 食べ始めたら止まらない浜松銘菓のクッキーです。
2004年の浜名湖花博以来、浜松に行くたびに買っています。

パッケージデザインがレトロな感じなのは、
創業50年以上は経っている歴史のある洋菓子製造会社だからかな?
今ではチーズケーキ(さっぱりめでした)が人気のようです。

オレンジ・レーズン・チェリー・くるみなどが混ぜ込んであります。
コーンフレークも入っているため、
ザクザク・カリカリとした歯触りがクセになりますよ。

手が止まらず、一人で食べてしまいましたが、
このおいしさはもっとたくさんの人に広めたい…。

HPはこちら↓
まるたや洋菓子店  http://www.marutaya.net/
 
浜松市内に5店舗ありますが、
佐鳴台店にはカフェが併設されていますよ♪


Penotti/ペノッティ・デュオ ヘーゼルナッツスプレッド
デュオ・ペノッティ ヘーゼル&バニラ オランダ製のチョコレートスプレッド。
合成着色料・保存料は不使用。
2色のしましまがビンの外から見えて、置いてあるだけで可愛らしい☆
「ヘーゼルナッツ&キャラメル」は濃い茶色と薄い茶色のしましま。
「ヘーゼルナッツ&バニラ」は、濃い茶色と白のしましま(左の画像)。

味はかなり濃厚で甘く、これだけでデザートのよう。
ヘーゼルナッツ部分は香ばしく、
キャラメルはまろやか、バニラはあまり風味はしないけど真っ白できれい。

スプレッドに負けないしっかりした歯ごたえの、
焼いたプレーンベーグルに塗るのがおすすめです。
いつものパンがデザートパンに早変わり!

いくらすくい取っても、ビンの中のしましま模様はそのまま。
最後まで続くしましまを追ってハマってしまいます。

輸入元のHPはこちら↓
明治屋 http://www.meidi-ya.co.jp/


東光苑/アーモンドゼリー
東光苑のアーモンドゼリー 本来の杏仁豆腐は、杏仁(アンズの種子の中の核)のエキスを絞って作ります。
杏仁を粉末状にした「杏仁霜」を使うこともあります。

スーパーやコンビニの杏仁豆腐の原材料を見てみると、
牛乳寒天にアーモンドエッセンスで風味をつけたものがほとんど。
アーモンドを使うのは、香りや味が杏仁と似ているから。
でも、アーモンド使用の杏仁豆腐はやっぱり味が劣る。

このお店も、アーモンドを使用しているようです。
それなのに、とてもおいしい。
崩れてしまいそうなくらい柔らかく、一見すると寄せ豆腐のようにも見えます。
口に運ぶと、つるりとしていながらも濃厚な味。
やさしい香りで満たされます。

豆腐だけで勝負できるくらい充分おいしいのだから、シロップはもっとシンプルでもよいかな。

ちなみに、レトルト杏仁豆腐(牛乳やお湯を加えて作る杏仁豆腐ミックス)では、
中華街の名店、聘珍樓のものがとてもおいしかったです。

HPはこちら↓
東光苑 http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

神奈川にある神奈中ホテルの中の中華料理店で食べられます。
テイクアウトもあり。
秦野店・狛江店があります。


Parmalat社/GRISBI クラシックチョコレート
パルマラット社のグリスビー
↑画像にマウスポインタをのせると
中身が見られます
パルマラット社は、イタリアのサッカーチーム「パルマ」の親会社で、乳製品製造メーカー。
このクッキーの箱も、以前は上の部分が三角屋根のような牛乳パック形でした。

濃いココア生地の中に、ヘーゼルナッツ風味の香ばしいチョコクリームがたっぷり。
クッキー生地はホロホロサクサクで、中のクリームはとろ〜り。
おやつに食べると大満足の濃厚なクッキーです。

レモンクリーム味もあり、そちらはさわやかだけど甘すぎるかな。
日本ではチョコとレモン以外は見たことがありません。


製造元のHPはこちら(英語版)↓
パルマラット社  http://www.parmalat.com/en/




LEONIDAS/プラリン
レオニダスのプラリン ベルギーの量り売りチョコレート店、レオニダス。
毎週、空輸されてくるという新鮮なチョコレートは、香りがとても豊かです。

メインは、目で見ても楽しい「プラリン」。
そのほかにも、お酒の入ったボンボンや、トリュフなども。
100g(6〜7個)672円(税込)での販売。
量り売りの高級チョコレート店の中では安価でシンプルなほうですが、
味は負けていません。

金色の包装紙に包まれた「ジャンドゥーヤ」は、なめらかで香ばしく濃厚です。
ジャンドゥーヤばかりリピートしています。


HPはこちら(日本語版)↓
レオニダス http://www.leonidas-alex.jp/

日本の代理店の変更などがありましたが、
順調に店舗が増えています♪


K・POCHE/シュルプリーズ
神奈川県相模原市にあるケーキ屋さんです。
「シュルプリーズ」とは、「サプライズ」のフランス語。
びっくりするくらいおいしいという意味を込めたそうです。
まさにそんなケーキ!

ビターチョコレートのムースと、渋皮栗がなんともいえないおいしさ。
なめらかなムースと、ねっとりしたチョコレートです。

ケーポッシュと言ったらこれ! という王道のケーキです。

HPはこちら↓
ケーポッシュ http://www.kpoche.com/


K・POCHE/カランツ
ホロホロのチョコレートクッキーです。
しっとりしていて、いかにもチョコレートがたっぷりという質感。
カレンズが焦げてカリカリにっている部分と、生地の柔らかさが最高♪

冬場に買うとこの画像のようなホロホロしたクッキーになりますが、
夏場はサクサク度が高いです。
お店の方のお話によると、製造時の温度が関係しているのでは? とのことでした。

HPはこちら↓
ケーポッシュ http://www.kpoche.com/


ケーキハウス白い森/コーヒーとくるみのクッキー
青森県上北郡おいらせ町にあるケーキ屋さん。
町のケーキ屋さんかと思いきや、リピート必至なスイーツがここにもありました!

苦めのコーヒー生地のアイスボックスクッキー。
何の変哲もなさそうなこのクッキー、もう何度買っていることやら。
ちょっと塩がきいてあまじょっぱいのと、くるみの苦味もあって、
サクサク食べてもさっぱりしています。
たっぷり入って、お買い得です。

HPはこちら↓
ケーキハウス白い森 http://www.shiroimori.net/

和菓子大吾/爾比久良(にいくら)
武蔵野銘菓。
手土産にぴったりな和菓子です。。
卵の黄身と白餡で作られた黄色い羽二重餡の中に、小倉餡と栗。

緑茶といっしょにいただきます。
ひとりでひとつ食べるのはちょっと多い気もしますが、
心がゆったりするお茶の時間にぴったり!

いただいたことは何度かありますが、今度は私が差し上げる立場になりたいな♪

HPはこちら↓
和菓子大吾 http://www.wagashi-daigo.co.jp/

湘南ガトーアベニュー葦/抹茶ロール
ロールケーキで抹茶味のものは多数あれど、
この濃い色と濃い味が抹茶好きにはたまりません。

見た目どおりの、抹茶味です。期待を裏切りません。
葦のケーキはどれもハズレがないです☆彡
焼き菓子ではスティック状の「チーズパイ」がクセになる味。

HPはこちら↓
湘南ガトーアベニュー葦 http://www.ashi-cake.com/


京王百貨店

御茶ノ水小川軒/レイズンウィッチ
バターの香りたっぷりのザクザクのサブレに、
洋酒の香りのレーズンと真っ白なクリームをサンド。

サブレもしっとりしているので、口の中で一体感があります。
初めて食べたときは洋酒が強すぎるかな? とも思いましたが、これがハマる〜!

たっぷりのレーズンも柔らかくて、上品なクリームとぴったり。
騙されたと思って食べて! とオススメできます。

HPはこちら↓
御茶ノ水小川軒 http://www.ogawaken.com/


小川軒レーズンウィッチ【10個入】

小川軒レーズンウィッチ【10個入】
価格:1,155円(税込、送料別)


レイズンウィッチは百貨店等での催事でも
販売されています。

Ciappucino/塩バターキャラメルパンケーキ
パンケーキ専門店です。
広尾のイタリア料理店LA BISBOCCIAのシェフが開いたお店だそうです。

ホットケーキという言葉では片付けられない、ふわふわの生地にやられましたー!
ナイフで切って、フォークで口の中へ…。
すると、舌の上でシュワっととろけるのです。

ランチセットは、選べる2種類のパンケーキと、スープがついてきます。
甘くないパンケーキ(ツナカレー・サーモンなど)もあるので、ランチとしても◎。
食事系+デザート系+スープで1050円〜ですよ。

HPはこちら↓
チャプチーノ http://www.ciap.jp/

パンケーキの次には、
カップケーキブームの火付け役となりました。

森永製菓/板チョコアイス
板チョコと間違えそうですね。
板チョコをバリバリと噛んで食べたら、こんな感覚かな?

バニラアイスとチョコレートソースが、板チョコで包まれています。
周りのコーティングが「板」並みに厚いのです。

甘そうに見えますが、意外とサッパリ。
チョコもアイスも食べたいとき、チョコは冷凍庫で凍らせて食べるのが好きな人には
一石二鳥のアイスです(笑)。

冬季だけの販売のようですが、毎年ベリー味などのバリエーションも発売されています。

HPはこちら↓
森永製菓 http://www.morinaga.co.jp/


ぶどうの木/緑のぶどうのクリームサンド
緑色のレーズンが、爽やかです。
そして硬そうなサブレ。
小川軒のレイズンウィッチとはまた違うおいしさでした!

カフェクリーム味、マスカットワイン味など、クリームの種類を変えたものもあり、
バリエーション豊かでいろいろ楽しめます。

金沢に行ったら絶対に買って帰ります。

HPはこちら↓
ぶどうの木 http://www.budoo.co.jp/

店頭ではバラ売りもありますが、
小松空港売店でも箱入りで販売されていました。


美濃酪連/ひるがのミルクプリン
牛乳のプリンですが、ほぼヨーグルトのような濃厚なプリン。
甘さ控えめで、一口目からなめらかなミルクの味。

バニラヨーグルトのようにこってりでもなく、牛乳プリンのようにサッパリでもなく、
不思議な舌触りと味です。

箱買いしたいくらい。忘れられない味です。

HPはこちら↓
美濃酪農農業協同組合連合会http://www.minoraku.or.jp/

JR岐阜駅ビル内の食料品店で販売されていました。


クァドリ・フォリオ/ジェラート各種
素材の風味がそのままガツンと出ているジェラートです。
マンゴーなら、かなりマンゴー。果実の筋っぽさを思い出すほど。
栗はほくほくとした茹でたての和栗の味。
桜なら、甘じょっぱい桜葉の塩漬けそのもの。
ブルーベリーヨーグルトは酸っぱく、
ラムレーズンはお酒っぽく、
ミルクは期待を裏切らない濃厚さ、
杏仁豆腐はこってりして香りもそのもの。
チーズはちゃんとチーズ風味のしょっぱさ。

ミルフィーユやきなこもちなどの、ドルチェ系フレーバーもありますが、
なんといっても素材の味がそのままなフレーバーには叶いません。

手作りのため、季節フレーバーの登場は「完成次第登場」のようです。
秦野市南矢名240-1
クローバー壱番館1F

TEL 0463-77-3172

10:00〜18:00

定休日 第1、3水曜日


ARCACHON/コルネ
アルカションは、生ケーキも、焼き菓子も、パン系も大満足なお店です。
商品も、こんなに作る時間がどこに? というくらい種類が豊富。

カヌレが有名ですが、行くたびについ買ってしまうのはこの焼き菓子。
チュイールの中にはねっとりしたプラリネ。
ピンクの粒々が乗って、花束みたいで可愛い!

駅を降りてお店が見えてくると、ワクワクしちゃいます。
もちろん、カヌレもおいしいですよ!

東京都西東京市東町4-15-14
ユーハイツ1F

TEL 0424-23-3867

10:30〜20:00

定休日 月曜




焼き菓子の通販サイトはこちら↓
デリケーキ http://www.deli-cake.com/shop/15/


LA VIE DOUCE/ギャルソンヌ
マンゴーを使った生ケーキは珍しいな〜と軽い気持ちで食べたら…、
なんだこのおいしさは〜! とびっくりするくらいのおいしさでした。

中は柔らかいレアチーズケーキ。
上にマンゴーがそのまま一切れ載っています。
マンゴーとレアチーズってこんなに合うんだぁ。
でもマンゴー味のレアチーズケーキじゃないのよね。
今までに食べたことのない味でした。

HPはこちら↓
ラ・ヴィ・ドゥース http://www.laviedouce.jp/

新宿タカシマヤ地下の「パティシエリア」にも
出店しています。


Paul Bassett/フロマージュ・クリュ
バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットによるエスプレッソ・カフェです。
なぜか辻口博啓のスイーツとコラボ。
でもそれが…ケーキセットがお得なのでつい注文してしまいます。

繊細なラテアートと、繊細なケーキ。
フロマージュ・クリュは、甘酸っぱいアプリコット入りのレアチーズケーキです。

文句なくおいしいのよね…。
バリスタさんたちの接客がとてもよくて、心地よい空間です。

HPはこちら↓
ポール・バセット http://www.paulbassett.jp/


新宿店はサルバトーレ・クオモが隣接なので
時間によっては騒がしいかも。


マリオジェラテリア/ピスタチオジェラート
ピスタチオのジェラートが絶品です!
マスコミではピンクソルトとブルーソルトの「塩ジェラート」が
よく紹介されているようですが、

オススメは断然ピスタチオ。
豆の香りがふわ〜っとして、幸せな気分になれます。

アウトレットモールやデパート内などに入っていることがおおいので、
歩き疲れたらここでひと休み。

HPはこちら↓
マリオジェラテリア http://www.mariogelateria.com/


BURDIGALA/グリュ・ド・カカオ
ブーランジェリーの焼き菓子はあなどれません。
その中で、リピートするほどのクッキーがコレです。
お目当てのパンがなくても、このクッキーが買えれば満足。

サクサクの生地に、苦めのチョコの破片(カカオニブかも?)が
散らされているだけのシンプルなクッキーですが、
油っこくなく、サクッとしてあとをひきます。
チョコの苦味がアクセントになって、食べるとリッチな気分になりますよ。

HPはこちら↓
ブルディガラ http://www.burdigala.jp/


Weis' bar/mango
マンゴーピューレを固めたかのような、マンゴーそのものな味のアイス。
ちょっと値段は張りますが、店頭で試食してみてあまりのマンゴーさに
買っちゃいました。

大事に大事に食べたいアイスです。

HPはこちら(英語)↓
http://www.weis.com.au/


KALDIでよく販売されています。

ガトーショコラ/nil cafe
ランチのセットでデザートをつけました。
プリンも食べたことがありますが、このガトーショコラが予想以上のおいしさ!

見た目は普通のガトーショコラですが、
味が普通のガトーショコラよりも何段階も濃厚でした!
相当量のチョコレートと生クリームを惜しげもなく使っているのでしょうか。

ランチの最後にコレを食べると、一気に満たされます。
神奈川県厚木市旭町1丁目32-11

TEL 046-229-9600




このページのトップへ ←クリックするとこのページの一番上へ。

JUNOESQUE BAGEL/ベーグル各種
ジュノエスクベーグルプレーン味 マコーズベーグルが、2003年にジュノエスクベーグルとなってリニューアル。
ベーグル専門店はたくさんありますが、ここのベーグルが一番お気に入り。

どちらかというとハード系で、もちもち感は少ないです。
そのまま食べると、ちょっと硬くてパサパサかな? という気もしますが、
二つに切って焼くと、歯ごたえがしっかりしていて満足感たっぷり。
ペノッティのヘーゼルナッツスプレッドや、味の濃いジャムにも負けません。

メニューのセンスもとてもよいです。
青大豆入りの「豆乳ベーグル」や「ミックスベリー」をよく買います。
また、マンスリー限定フレーバーもあって、毎月いろいろな味を楽しめます。
一つ一つについている、店名の焼印もかわいいです♪

HPはこちら↓
JUNOESUQUE BAGEL http://www.junoesque.jp/

ミックスベリーベーグルは、直営店のメニューから消えてしまいましたが、成城石井などで販売されています。

また、新宿伊勢丹店はラインナップも一味違う、
ちょっとリッチなジュノエスクのお店です。


ベーカリーキッチンボナペティ/自家製カレーパン
自家製カレーパン
↑画像にマウスポインタをのせると
中身が見られます
2002年11月にオープンしたベーカリーの、一番人気商品です。
毎日手作りされているカレーには、野菜とお肉がゴロゴロ!
それをたっぷり詰めこんであるので、トングでつかんだ瞬間に「重い!」と感じました。
パン生地はもちもちとして、衣はカリカリ。

私はもともとカレーパンは好きではなかったのですが、
このカレーパンだけはつい買ってしまいます。

店頭で販売しているトートバッグを持参すると、
お会計が1%オフになりますよ。
お昼どきには店内は大混雑。
外観もかわいい
相模原市東林間3-19-7
   エクレール東林間2番館1F

TEL 042-741-0338

7:00〜19:00

月曜定休


店内やテラスにテーブルと椅子があり、
焼きたてのパンを食べることもできます。


BURDIGALA/ラスク・カヌレ
もともとレストランだったブルディガラの、ブーランジェリー部門。
ここのラスクは、何度もリピートしています。
パン全体にキャラメルがかかっていて、ガッチリと固まるほど。
ラスク=余りもののパンで作ったお菓子という概念を払拭!

このラスクを求めて、またブルディガラに通ってしまうのです。
ラスクは毎日あるというわけではないので、ないときにはカヌレで我慢〜。

HPはこちら↓
ブルディガラ http://www.burdigala.jp/


PAUL/ショソン・オ・ポンム

↑画像にマウスポインタをのせると
中身が見られます
何度リピートしているか、数え切れません。10回以上は買ったかな…。
このショソン・オ・ポンムのりんごペーストにハマっています。

いわゆるアップルパイを想像していたら、完全に裏切られました。
パイの中には固形のりんごはなく、ペースト状になったりんご。
そのりんごが、ものすごく酸っぱいのです!
レモンを足しているにしても、酸味が強いです。

そんなアップルパイ…でもおいしい。
パイなので、買った当日がいちばんおいしいですが、翌日でもトースターで軽く焼けば
カリカリ・ザクザクの層になったパイの歯触りが復活します。
PAULのパンはハズレがありません。行くたびに、これは必ず2個買っています。

国内店舗のHPはこちら↓
レアールパスコベーカリーズ http://www.pasconet.co.jp/paul/



本家フランスのHPはこちら(フランス語)↓
http://www.paul.fr/


Benoiton/ネギ焼き
パン好きな人なら絶対知っている有名店「ブノワトン」。
人気商品のひとつがこれです。
一度に2枚・3枚と買っていくお客さんもいました。

土台の生地がおいしいんですよね〜。全粒粉なのでしょうか?
トッピングは、キャベツと万能ネギ。ほぼキャベツなのでお好み焼きに近い味ですが、
土台のおいしさはやはりパン屋さんならでは。

HPはこちら↓
ブノワトン http://www.benoiton.net/


マイバッグを持っていくのが原則です。
ときどき、催事出店もしています。


Benoiton/アンチョビチーズラスク
ブノワトンにはラスクが何種類もありますが、
アンチョビとチーズのきいたしょっぱいラスクがコレ。

ビールのおつまみにぴったり!
お酒がなくても、塩分補給にもってこい(笑)。
けっこうな確率で売っているので、その都度買ってしまいます。
ハマる味ってこういうことかぁ…。

HPはこちら↓
ブノワトン http://www.benoiton.net/


マイバッグを持っていくのが原則です。
ときどき、催事出店もしています。


ブランジェリーKEN/ベーグル各種
下町のパン屋さん」という雰囲気なのに、狭い店内にはお客さんがぎっしり!
どうやらものすごい人気店。
下町的なパンから、ハード系のものまで揃っています。
その中で、どっしりずっしりな大迫力のベーグルは、種類がすごく豊富。
ほうれん草チーズ、ずんだ、焼きそばベーグルなど、
考えもつかないような珍しいフレーバーがいっぱい。
そしてそのどれもが、ムッチリして具沢山で中央の穴が見えないくらいパンパンです。

「マロンナチュレ」という栗入りのパンもリピートしてます。
生地がとても味わい深いパンばかりです。
しかも安いのがスゴイです。

HPはこちら↓
ブランジェリーKEN http://boulangerieken.itabashi-life.com/


京王百貨店

UNIO/エクストラバージンオリーブオイル
おいしいフランスパンにつけるもの…バターでもなく、コンフィチュールでもなく、
オリーブオイルです♪

オリーブオイルもピンからキリまで、価格も味も香りもさまざま。
このオイルはオリーブジュースのようなフルーティーな風味です。
開封して香りをかいだだけで、唾液がジュワッと出ます。

透明な黄色が美しいこのオイルに、塩(銘柄は好みで)をパラッと振り、
軽く焼いたフランスパンをつけると…最高!

スペインの原産地呼称「SIURANA」認定とのこと。


イタリア料理店などで使用されています。
神奈川県伊勢原市の「トラットリア オリーヴの樹」にて
販売も行っています。


墨繪/クロワッサン
フランス料理店に併設されたパン屋さん。
新宿の駅ビル内なので、いつ行っても人がたくさん並んでいます。

お店のロゴは和風な感じの字体ですが、パンはフランス系のハードなパンが多いです。
何よりここのクロワッサンに感激しました。

その後ほかのクロワッサンを食べても、ここのクロワッサンには及ばないと
毎度思ってしまいます。

シャクシャクした繊細なパイ生地の重なりと、バターの香りの豊かさが絶品♪

大豆入りのハードなパンもなかなかおいしかったです。
東京都新宿区西新宿1-1-2
新宿西口メトロ食堂街 B1F

TEL 03-3343-0889

11:00〜21:00


夕方にはもう品薄です。

このページのトップへ ←クリックするとこのページの一番上へ。



えんどう豆・枝豆スナック食べくらべ

   豆好きが高じて… 

画像 購入年月/製造者/商品名 感想 カロリー 総合評価
東ハト/ビーノ 2004.8
東ハト/ビーノ
1991年発売のビーノが、
2004年夏、リニューアル新発売。
中田英寿がアドバイスを出したとか。
塩味が強い(モンゴル岩塩が売りらしい)。
チキンコンソメ風味のうまみがある。
焦げ色がきれい。
硬い部分が一部練りこまれている(豆ペースト?)。
422.3kcal/75g ★★★☆☆
3点
ファミマPB 2004.8
東ハト/
ボクのおやつ えんどう豆スナック
(ファミリーマートPB)
塩は薄く、素朴な豆の味が強い。
食感はふんわりと軽い。
コンブエキスとかつおぶし使用で、
やさしい和風味。
ビーノと同じような焦げ色・硬いペースト部分あり。
パッケージは透明袋ではなく、印刷。
369.5kcal/70g ★★★★★
5点
カルビー/スナックベジ 2004.8
カルビー/
スナックベジ
(コンビニ販売限定)
もともとあった「さやえんどう」を、
健康アピール商法でコンビニ限定販売。
食べきりサイズとエコナ油使用。
スナック菓子にしては、パッケージがシンプルでよい。
塩味は薄く、豆の甘さが強く感じる。
食感はかなり軽く、サクサクしていて、
東ハトのようなねっちりと歯につく感じがない。
ねぎエキス・にんじんエキス・セロリ粉末使用。
パッケージの写真ほどおいしそうな色ではない。
228kcal/45g ★★★★☆
4点
菊屋/イトーヨーカドーPB 2004.8
菊屋/買い物上手 えんどう豆スナック
(イトーヨーカドーPB)
一つ一つが太いが、大きさはまちまち。
湿気ているかと思うほど、しっとりしている。
豆の味、塩味、ともに薄い。
チーズパウダー・バターパウダー使用とあるが、
それらしき風味はない。
着色料使用にもかかわらず、色はとても薄い。
焦げ色は濃いめ。
500kcal/80g ★☆☆☆☆
1点
東ハト/ローソンPB 2004.8
東ハト/
おいしいやすみ時間 えんどう豆スナック
(ローソンPB)
ファミリーマートのものと同一と思われる。
これもパッケージは印刷。
551.5kcal/100g ★★★★★
5点
東ハト/ビールにビーノ 2004.8
東ハト/ビールにビーノ
(焙煎七味マヨネーズ味)
2004年夏季限定生産。
封を開けると、マヨネーズの匂いがものすごい。
その割には、マヨネーズの味は薄く、七味の味が強烈。
七味のあとに豆の味がするので、豆が甘く感じられる。
豆の味を楽しむには不向き。
七味はだんだん飽きてくる。
東ハト特有の、硬いペースト部分あり。
パッケージの写真は黄色っぽいが、
実際は通常の緑色。
454.8kcal/80g ★★☆☆☆
2点
カルビー/さやえんどう豆カレー味 2004.8
カルビー/さやえんどう
(豆カレー味)
6月〜8月の夏季限定生産。
封を開けると、コク深いカレーの香りが漂う。
意外に、中身は緑色で拍子抜け。
カレー風味も、塩味も、豆味も薄い。
カレースナックとしても食べられず、
豆スナックとしても食べられず、
水で薄めたカレーのような中途半端な味。
「豆の甘みにピリッとスパイス。後引くおいしさ!」
とのことだが、全部食べるのはキツイ…
375kcal/75g ☆☆☆☆☆
0点
森永/マメロング 2004.8
森永/マメロング
ポテロングのえんどう豆版。
豆味アップ、くせになる食感!!という表記の割には、
豆味は薄く、塩味が強く、カリカリしすぎていて、
お豆のお菓子を食べているという印象が
まったく感じられないのが残念。
原材料に「ほうれんそうパウダー」が記載されていたが
まさか着色はほうれんそう!?
245kcal/53g ★☆☆☆☆
1点
ポップコーン枝豆風味 2004.8
東京スナック食品/
ポップコーンえだまめ風味
初めて聞くメーカーだったが、
インパクトのあるパッケージデザインに惹かれて購入。
封を開けると、豆のやわらかい甘い匂いがする。
薄い緑色の粉がまぶされたポップコーンは、まるで抹茶?
なぜか一緒に入っているパフスナックは、
あまり豆味がしない(キャベツ太郎みたいなやつ)。
ほかのポップコーンに比べて、さっぱりして食べやすい。
粉末の甘さが意外とあとを引く!
272kcal/55g ★★★☆☆
3点
グリコ/えんどうまめプリッツ 2004.8
江崎グリコ/
えんどうまめプリッツ
期間限定販売のあっさりしたプリッツ。
本当に緑色でびっくり。
プリッツサラダ味のような塩からさを想像していたが、
意外に、豆のやわらかな甘みがある。
おつまみのグリーンピースのフライの味と似ている。
原材料を見ると、えんどう豆と枝豆の両方を使用している。
期間限定ではなく定番化してもいいくらい。
151kcal/30g ★★★★☆
4点
亀田製菓/えだ豆スナック 2004.9
亀田製菓/えだ豆スナック
柿の種で有名な亀田製菓からも、お豆のお菓子。
1.5p×4pほどの長方形のノンフライスナック。
パッケージ写真はかなり緑色だが、実際は薄い緑色。
豆100%ではなく、潰した茶豆を澱粉をつなぎとして成型したもの。
封を開けるとほのかな豆の香りがする。
豆の柔らかな味は控えめで、全体にまぶされた塩がおいしい。
表面は柿の種と似たつるつるな舌触り。
インパクトはないけれど、ついつい食べてしまうあっさりおつまみ。
259kcal/55g ★★★★☆
4点
亀田製菓/豆乳スナック 2004.9
亀田製菓/豆乳スナック
亀田製菓、またしてもやってくれました。
豆乳ブームにのって、とうとうこんな商品まで。
豆乳の風味は、まったくありません。
香ばしい香りと、こんがり焼けた色がおいしそう。
形状はベビースターのドデカ版と似ているが、食感は軽く、
空気を含むように軽く揚げてあるようだ。
塩味が強く、かなりしょっぱく感じた。
1袋で、一日の摂取目安の65%のカルシウムが摂取できるらしい。
水色のパッケージって、どうなんでしょう?
331kcal/65g ★★☆☆☆
2点
東ハト/ビーノ きのこ&ガーリック味 2004.10
東ハト/ビーノ
きのこ&ガーリック味
ビーノの季節限定新商品。
開封すると、まいたけのバター炒めのような、香ばしくて甘い香り。
シイタケエキスとマイタケのパウダー使用。
色は意外と緑色で、所々にオレンジ色の香辛料の粒が見える。
きのこの旨み成分の味がよく出ているので、
ガーリック風味やモンゴル岩塩の味はあまり感じられない。
豆の味が薄いのは残念だけど、きのこの旨みだけでどんどんいける。
でも、なんかお菓子を食べているというより、
おかずみたいな気がしないでもないかな…
390.5kcal/70g ★★★★☆
4点
秋田いなふく米菓/豆スナック 2004.10
秋田いなふく米菓/
良味100選 豆スナック

(ヤマザキ系列PB)
開封したとたん、不自然な黄緑色にびっくり。
原材料を見てみると、やはり着色料使用。
形は、サッポロポテトバーベキュー味のようなメッシュ状で、
豆の形をしているところがかわいい。
しかし、食感は柔らかいとんがりコーンといった感じ。
枝豆パウダーとグリーンピースを使用とのこと。
全体的に柔らかい甘味はあるが、豆の味がしない…。
452kcal/100g ★☆☆☆☆
1点
東ハト/サークルKサンクスPB 2004.11
東ハト/
ほがら菓たいむ
えんどう豆スナック
(サークルKサンクスPB)
東ハト製品の他商品と見た目は全く同じだけれど、
ずいぶんと塩味が強く、しょっぱい印象が強い。
同様にコンブエキスパウダーやかつおぶしパウダーを使用しているが、
だしの味は薄い。
東ハト特有の、豆のペースト部分もほとんどなく、軽い仕上がり。
「沖縄産の塩を使うことで、豆の旨みが引き立ったマイルドな塩味」
との記載があるが、豆の味も薄い。
しょっぱいものが好きな人にはよいかも。
386kcal/70g ★★☆☆☆
2点
秋田いなふく米菓/ピーナッツスナック 2004.11
秋田いなふく米菓/
良味100選 ピーナッツスナック
(ヤマザキ系列PB)
2つ上で食べた「豆スナック」と同じシリーズ。
パッケージにはどこかで見たようなキャラクターが描かれている。
形状は豆スナックと同様で、色はにシンプルな薄い茶色。
見た目は、なかなかおいしそう。
開封すると、ピーナッツの香ばしい甘い香りがする。
ピーナッツバターの香りに近いかも。
柔らかいとんがりコーンのピーナッツ味?(笑)
484kcal/100g ★★★☆☆
3点
東ハト/ビーノ桜エビ味 2005.2
東ハト/ビーノ桜エビ味
春季限定。今回はアンデスの塩使用。
桜海老の香ばしい風味が強く、ビールのおつまみとしてよく合いそう。
従来のビーノに比べると、ほのかにピンク色をしている。
始めの数本はおいしく食べられるが、徐々に味の濃さが気になる。
ビーノの期間限定フレーバーのシリーズは、
豆の味を楽しみたい人には不向き。
パッケージ背面の4コママンガが、今までで一番おもしろい。
396.1kcal/70g ★★★☆☆
3点
山芳製菓/やんわりあげ豆富 沖縄の塩味 2005.3
山芳製菓/やんわりあげ豆富
沖縄の塩味
「わさビーフ」で有名な山芳製菓。真っ白なパッケージと、
「三代目茂蔵」のロゴに惹かれる。茂蔵といえば豆腐では有名なお店。
要は米粉スナックで、おつまみなどでよくある揚げえびせんと似た、
舌に張りつく食感。
空気をいっぱい含んで軽い舌触りなので好き嫌いはあると思う。
「製品重量に対し豆乳15%、にがり約1%配合」というのは
なかなか思い切っているけれど、豆くささは全く感じられない。
コクのある豆乳の味を期待していると物足りないかもしれない。
ほどよいしょっぱさと軽い食感で、癖になる。
297kcal/60g ★★★★☆
4点
東ハト/ビールにビーノ 七味マヨネーズ味 2005.4
東ハト/ビールにビーノ
七味マヨネーズ味
2004年まで夏季限定販売だった「ビールにビーノ」シリーズが、
ビールと発泡酒の需要が夏だけに限らないとのことで、
年間を通じてのレギュラー商品として登場。
内容量も少なめになって、おつまみとして気軽に買える印象。
従来の「ビールにビーノ」よりも、七味唐辛子の味がかなり強いので、
辛いおつまみが好きな人にはよいと思う。
いかにも辛そうな七味の粒がたくさんまぶされている。
マヨネーズと豆の味は、、七味に消されている感じがした。
豆の味はほとんどしないので、この味つけならベースは豆スナックじゃなくてもいいのでは? というのが率直な感想。
335.9kcal/60g ★☆☆☆☆
1点
菊屋/お菓子の事典 えんどう豆スナック 2005.5
菊屋/お菓子の事典
えんどう豆スナック

(スリーエフPB)
着色料により、あからさまな黄緑色。
食感は、軽いというよりはスカスカ。
チーズパウダー等の配合から、
イトーヨーカドーPB製品と同一と思われる。
625kcal/100g ★☆☆☆☆
1点
亀田製菓/えだ豆風味せん 2005.6
亀田製菓/
えだ豆風味せん
青大豆とグリーンピースパウダーを配合したサラダせんべい。
黄緑色のせんべいで、ほのかな豆の甘味があって食べやすい。
チキンエキスパウダー配合。
豆の味を期待して食べると期待はずれかも。
245kcal/50g ★★★☆☆
3点
山芳製菓/やんわりあげ豆富 わさび醤油味 2005.7
山芳製菓/やんわりあげ豆富
わさび醤油味
クセになる茂蔵スナックにわさび味が登場。
スナックの色がわずかに茶色いのは、
焦げているわけではなく醤油の色なのかも。
沖縄の塩味同様、豆乳の味はしません。
わさびはかなりツーンときます。
やっぱり食感がクセになって手が止まらないものの、
少しベタつく感じがあるので暑い時期には重いような。
289kcal/60g ★★★☆☆
3点
東ハト/とりあえず枝豆! 2005.7
東ハト/とりあえず枝豆!
東ハトから、カップ入りのおつまみ感覚のスナック。
ほのかな緑色の生地は、薄くパリパリとしていて、中は空洞、
枝豆のようなホクホク感はなし。
豆のようなコロコロの丸い形をしているものは、
豆風味のスナック菓子では珍しい。
食感は、森永製菓の「おっとっと」とそっくりですが。
128.1kcal/30g ★★★☆☆
3点
東ハト/ビールにビーノ のりわさび味 2005.8
東ハト/ビールにビーノ
のりわさび味
「ビールにビーノ 七味マヨネーズ味」に引き続き、和風味も登場。
一見すると、青海苔の細かな粉末がかかっている程度だけれど、
静岡産わさびの風味と辛味は、かなり鼻にツーンときます。
ワサビ粉末が多めにまぶされているせいか、
ビーノの生地自体もしっとりしているように感じる。
不思議なことに、豆の風味はワサビに消されていない。
クセになる味です。
341.2kcal/60g ★★★★★
5点
カルビー/かりちぇ 2005.10
カルビー/かりちぇ
えんどう豆
期間限定のえんどう豆スナック。
東ハトの「とりあえず枝豆!」より深い、じゃがりこサイズのカップです。
中身は、少し焼き色のついた薄い緑色のスナック。
なぜか、葉っぱのような形をしている。
塩味と豆の甘味が強く、さっぱりしていて軽い。
かなり硬めに焼かれているので、歯ごたえがあり満足感あり。
1カップにえんどう豆17粒分というだけの風味にはうなずける。
179kcal/38g ★★★☆☆
3点
東ハト/ビーノ 焦がし醤油味 2005.11
東ハト/ビーノ
焦がし醤油味
何の脈絡もなく、ホタテ風味の醤油味が発売に。
パッケージのビーノさんが醤油顔になっています。
砂糖醤油の風味が強く、ビーノにしては甘味が際立っていました。
ホタテエキスパウダー、アサリエキスパウダー使用。
ココアパウダーは着色料として使っているのかな?
豆のお菓子なのに、豆の風味があまりしないので、
この味付けには負けてしまっているような。
パッケージ右上の、焼き色をつけられているビーノさんたちの
イラストがかわいいです。
404.3kcal/70g ★★★☆☆
3点
キャンドゥ/えんどう豆スナック 2005.12
キャンドゥ/キャン☆チョイス
えんどう豆スナック
100円ショップキャンドゥのPB。
「塩バターで味つけしました」とのこと。
開封すると、カールのようなコーンスナックのような香り。
色は明るすぎる黄緑色で、焦げ色はなし。
食感はしっとりしていて、部分的に固い豆ペースト。塩味が強く感じられた。
625kcal/100g ★★☆☆☆
2点
無印良品/えんどう豆100%のスナック 2006.5
無印良品/
えんどう豆100%のスナック
無印良品からも、えんどう豆スナックが発売。
店頭のポップには「全国で大人気」と書かれていましたが…。
100円という安さ。
えんどう豆の風味は薄く、直線的な形。色は薄い緑色で、軽い食感。
焼き色はついているが、豆ペースト部分はなし。チーズパウダー配合。
344kcal/60g ★☆☆☆☆
1点
東ハト/ビーノ 沖縄の塩 2006.8
東ハト/ビーノ
沖縄の塩
いつものビーノは、モンゴル岩塩使用。
それを、沖縄の塩を使用したという商品。
2006年7月15日から始まったセブン・イレブンの「沖縄フェア」で購入。
さわやかなパッケージのビーノさん。
単なる塩味なので、モンゴル岩塩使用の商品と比べても、
違いがよく分からず。
失念… ★★★☆☆
3点
東ハト/ビーノ 柚子こしょう風味 2006.8
東ハト/ビーノ
柚子こしょう風味
秋季限定の柚子胡椒風味。
まろやかな辛さと柚子の香りが、豆の味とも合う。
豆自体を味わうには柚子の香りが邪魔しているが、
これはこれでとてもおいしい。
ゆず果皮使用。
410.6kcal/70g ★★★★☆
4点
明治製菓/さくさくのえんどうカール 2006.9
明治製菓/
さくさくのえんどうカール
うま塩あじ
カールでもえんどう豆味が登場。「うま塩あじ」とはいいつつも、
特別な塩ではない。「程よい塩あじが絶妙」との表記。
生地にえんどうを練り込んでいるらしいけれど、
あまり風味は強くなく、ほのかに豆の風味がする。
着色料はフラボノイドとクチナシ。
301kcal/70g ★★★☆☆
3点
2006.12
東ハト/
えんどう豆スナック・
濃厚コンソメ味
東ハトだが、おなじみの「ビーノ」ではない。
開封した瞬間にコンソメの強い香り。
「チキンの肉の旨みと野菜の甘味をギュッと濃縮」とのこと。
ビーノと同様、硬い豆ペースト部分あり。
全体的にビーノよりも軽くてやわらかめの焼き上がり?
味は、甘味とダシが絶妙でジューシー。
チキンエキスパウダーのほか、野菜パウダー数種類使用。
436.0kcal/75g ★★★★★
5点


グリコネットショップの最新情報です。

トップページへ戻る

 一代目日記 | 二代目日記  猫たち  食べもの  書庫  植物  写真集  リンク  掲示板  自己紹介 

十穀おむすびといっしょに。

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー